JSAM実践経営学会

topimg

お知らせ


第65回全国大会プログラム

 2022年8月26日(金)~28日(日)プログラム(会報20220805版)はこちらから

大会実行委員長 田村 正文(八戸学院大学)

日程
8月26日(金) エクスカーション(学会研修ツアー)
実践経営学会常任理事会・実践経営学会新・旧理事会
8月27日(土)・28日(日) 全国大会(統一論題シンポジウム、自由論題報告)
会場
八戸市公民館・公民館ホール、八戸プラザホテル (青森県八戸市、開催校:八戸学院大学)

拝啓   初夏の候、会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
  この度の実践経営学会第65回全国大会のプログラムをお届けいたします。本年度の全国大会は、例年よりもおよそ1週間程度早い2022年8月26日(金)~28日(日)の3日間に渡り、青森県八戸市において、八戸学院大学を開催校(準備校)として、上記の「地域間交流時代の経営」という統一論題を設け開催いたします。
  より具体的には、8月26日(金)のエクスカーションでは、多くの方々が八戸市を工業都市とイメージされていると思われますが、2022年に北海道・北東北の縄文遺跡群の一部として、八戸市の是川遺跡も世界遺産に認定されるなど、現在の工業都市が形成される以前より歴史を有してきた文化的・自然的資源などをご覧いただけるよう準備させて頂きました。
  8月27日(土)のシンポジウムでは八戸市、岩手県洋野町で地域の資源を活用した水産業の振興や観光を通じた地域の活性化や当該地域の魅力の発信など、経営者として新たな地域のビジネスに挑戦され、第一線で取り組まれている方々をお招きし、八戸およびその周辺地域での事例をもとに、全国の地方都市の発展や地域振興について皆様とともに考えていきたいと思います。
  また、8月27日、8月28日(日)の自由論題におきましても、全国各地の会員の先生方が日頃よりご研究されてきた内容につきまして数多くのエントリーを賜りましたこと、この場を借りて感謝申し上げます。自由論題の詳細につきましては、以下のプログラムでご確認ください(自由論題の論文集『実践経営学研究』は、全国大会当日に配布させて頂く事を予定しております)。
  どうぞ、多くの会員の皆様おかれましては、これから暑い夏を迎えることとなりますが、お身体にご留意され、第65回全国大会にご参加いただけますよう改めましてお願い申し上げますとともに、学会当日に青森県八戸市で皆様とお会いできることを楽しみにしております。

敬 具

新着TOPICS(直近7件)

   いままで配信された情報を見る
※実践経営学会新着情報ブログに移動します。

事務局からのお知らせ

2022/05/21
日本学術会議ニュース・メールなど、他機関からのお知らせリンクページを作成しました。新着次第こちらにリンクしていきます。
2022/05/21
会員情報(ご住所、勤務先、メールアドレス、電話番号等)変更があった場合は jsam.headoffice2@gmail.comまでご連絡ください。
2022/05/21
新着情報をメールで受け取ることができます。
お申し込みはこちらから。実践経営学会新着情報サイトに移動します。
※申し込み、解除はご本人での管理となります。
申込手順・解除方法について
2022/05/21
フォーラム(個別課題研究)募集のお知らせ
フォーラム設置の提案
実践経営学会規約第28条の『個別課題研究会』に関しては、これまで『テーマ別研究会』と呼ばれるなど本学会で取り組まれてきた。
『フォーラム』と称する個別課題研究会を募集するものである。
今回は、規約第28条を改正しない。
趣旨:
1)従来の個別課題別研究会を発展させ、フォーラムを設置する。
2)実践経営学会の特徴ある研究の活性化を図る。
3)テーマ別の研究を進めることで、会員間のコミュニケーションやモチベーション向上を図る。
4)フォーラムは、オープンな場として、会員以外の研究者、実務家、大学院生も参加可能として、実践経営学会を知っていただく機会とする。
実施手順:
フォーラムの企画を会長宛に申請していただき、常任理事会で審議する。
フォーラムの代表者と幹事を申請していただく。
フォーラムの構成員は、学会員とする。
フォーラム当日の参加は、会員以外の方も可能とする。
全国研究大会でフォーラムセッションを設けて、研究発表を行えるようにする。
予算:
原則として予算措置は行わない。必要な費用がある場合は、申請していただき、常任理事会で審議する。
フォーラム設置の提案書類
フォーラム企画書

ご案内

  • 会長挨拶
  • 入会案内
  • 新着情報メール購読

実践経営学会本部事務局

〒140-0011
東京都品川区東大井1-10-40
東京都立産業技術大学院大学
板倉宏昭研究室内
jsam.headoffice@gmail.com

ページのトップへ戻る