メニュー 閉じる

カテゴリー: 全国大会

2012/03/29 第55回全国大会:実行委員長の言葉

「第55回全国大会:実行委員長の言葉」

実践経営学会第55回全国大会のご案内
統 一 論 題

グローカリゼーションにみる実践経営の新地平
~祭りと実践経営~

大会実行委員長  伊佐 淳(久留米大学経済学部教授)

2012年3月29日

 昨年、本学会の平野文彦会長から「“小売業は祭りの世界”という話を聞いているが、これは実践経営の世界に広く通用する真理の一つかもしれない。この学会の場で議論する機会はないものか」と問いかけられました。地域経済社会論を研究の出発点としている私は、なるほど、地域活性化の担い手たる地域企業の経営者と祭りとの間には関係がありそうだと、直感しました。
私見では、人々は祭りを通じて、地域における助け合い(共助)や地縁を再認識し、そこから地域文化を継承しつつ、地域に根ざした絆やもやい結びを意識するのではないかと思われます。一方で、グローバル化の影響をますます受けるようになってきた地域企業にとって、地域の人々や文化やさまざまな資源に根ざした「グローカリゼーション(glocalization)」の考え方が重要度を増してきていると言えます。また、個々の企業経営の面から見ても、祭りから見出せるものは、極めて大きいといえるのではないでしょうか。祭りの運営過程(企画・検討・実施・反省)は、企業経営でいうPDCAサイクルにあたるでしょうし、祭りの参加者・関係者のモチベーションの維持・向上と企業経営のそれとの共通するものもありそうです。成功する祭りの本質を考えることで、企業経営の本質に迫ることができるかもしれません。
そこで、記念すべき第55回大会を久留米で開催し、その議論の場を提供することにいたしました。会員の皆様の自由闊達なご議論の展開を期待しております(大会の回数もGo Go と読めます)。因みに、実行委員を買って出られた会員諸氏は、皆さんお祭り好きな方々なのだろうと思います。
実行委員会では、統一論題の議論のために3本の柱を立てました。第1の柱は、初日のエクスカーションです。統一論題のテーマを考えるにふさわしいユニークな経営の現場を訪ね、経営者の企業経営に対する考え方(“ものづくりは演歌だ”など)や手法をうかがいます。第2の柱は、2日目の特別講演です。社長自ら農林漁業の現場へ飛び込み、地元生産者とネットワークを構築していくことで、関係者全てが“Win-Win”の関係になるような仕組み作りを実践されています。まさに“経営は祭りだ”を地で行くように、自社事業を繁栄に導いておられる地元の異色経営者の講演です。お二人の経営者共に筑後地域(久留米市を中心とした福岡県南部)の地域産業である第1次産業を軸に据えた「グローカル経営」を実践されていることが共通点となっています。そして第3の柱は、伝統ある久留米市の一大イベント「第41回水の祭典・久留米まつり」(毎年8月3~5日に開催)です。市中心部の明治通りや六角堂広場で市民あげて行われるマーチングやストリート・パフォーマンス、「1万人のそろばん総踊り」など、さまざまなイベントが繰り広げられます。祭りの締めくくりは、西日本最大級といわれる「筑後川花火大会」です。実行委員がご堪能いただける場所へご案内いたします。そのためには大会3日目・8月5日(日)の夜も久留米にご宿泊いただかなければなりませんが、それだけの価値は十分にあるはずです。今からならリーズナブルなホテルの予約も可能です。また、昨年の3月12日に九州新幹線が全線開通となりました。広島以西であれば、花火を見てからでも帰ることができます。是非、会員お一人お一人の目で、耳で、そして心で感じ取っていただきたいと思います。
これまでとはずいぶん雰囲気の異なった大会になりそうですが、多くの会員にお集まりいただき、実践経営学会の名にふさわしく、実践の場から多くのことを学び合う大会にしたいと考えております。

大会実行委員一同、心よりお待ち申し上げております。

2011/08/08 全国大会への参加お申し込みはお済みですか

「全国大会への参加お申し込みはお済みですか」

すでにプログラムをお届けしております通り、9月30日(金)、10月1日(土)、2日(日)の三日間、東京・高田馬場の東京富士大学にて第54回全国大会を開催すべく、大会実行委員会では鋭意、準備を進めております。

大会は経営研究の報告の場であるだけでなく、一年に一度、会員の多くが顔を合わせて、様々な情報を交換し合い、相互に啓発を得、懇親を深める場でもあります。

参加・不参加にかかわらず、すべての会員に、同送しました『参加・不参加連絡票』のFAX返信をお願いいたしております。まだ送りいただいていない方からのご連絡をお待ちいたしております。

大会におきまして多くの会員の方々とお会いできますことを、大会実行委員一同、楽しみにいたしております。

 2011年8月5日

2011/07/01 第54回全国大会のプログラムはまもなく届きます

「第54回全国大会のプログラムはまもなく届きます」

まもなく「第54回大会のプログラム」、「参加・不参加連絡書」などが届けられます。

会場は東京・高田馬場の東京富士大学。会期は9月30日(金)、10月1日(土)、2日(日)の三日間。初日は15時から企業見学。二日目午後の統一論題では『ハイ・クライシスの先にある実践経営の新地平 ― 経営システムの革新を問う~』。この社会には、本当は危険だらけなのに、それによる被害を想定することなく、今日の平穏が、あたかも明日も続くかのような、そんな根拠のない経営の日常を追い求めてはいないだろうか。研究者も、そのようなクライシスをほとんど意識することなく理論構築に向かっていないだろうか。東日本大震災を経て、今、これまでの経営学はどう軌道修正されなければならないのだろうか。

 「不参加」を決め込む理由はいくらでもあるものですが、学問にとっては、それぞれの真価が問われています。後期の講義を、半年以上も昔に提出したシラバスに沿って、何の変化もなく進めるわけにはいきません。普段の経験や社会観察から、どんなことでもいい、“命ある人間としての気づき”を持って参加しようではありませんか。

 今から日程に組み込んでおきましょう。

(実践経営学会会長 平 野 文 彦)

2011/07/01 第54回全国大会報告者の方へ -論文執筆要項

「第54回全国大会報告者の方へ -論文執筆要項」

第54回全国大会報告者の方へ -論文執筆要項

 本学会では、簡単なレジュメ(要約)を配布しての報告は認められておりません。全国大会での報告にあたっては大会報告論文集『実践経営学研究3』に論文を掲載しなければなりません。その「執筆要項」を掲げておきますので、これに従ってご執筆ください。

(実践経営学会本部事務局)

2011年6月

全国大会報告者各位

実践経営学会第54回全国大会

報告論文集『実践経営学研究3』原稿作成のお願い

第54回全国大会実行委員長

 小坂善治郎

実践経営学会第54回全国大会(9月30日~10月2日:東京富士大学)における自由論題報告をお申込みいただきありがとうございました。

本学会では、学会当日の研究報告を前に、いわゆるレジュメ(概要)の作成・配布は行わず、各自のフル・ペーパー論文を収録した報告論文集『実践経営学研究』を編集し、配布しております。つきましては本年度発行の『実践経営学研究[3]』の執筆要項並びに提出方法をお届けいたしましたので、これにしたがって報告原稿をご提出くださいますようお願い申し上げます。

なお、提出期限までに原稿が届かない場合には、本誌への収録ができなくなるとともに、同時に作成を進めておりますプログラムに掲載されていても、当日の報告をご遠慮いただくことになっております。さらに次年度における全国大会での報告も制約を受けることになります。どうぞご注意ください。

1.執筆要領

(1)文字数  : 40字×40行(A4横書き)

(2)枚 数  : 7頁以上、8頁以内(図表、注、参考文献等を含む)

(3)1頁目のレイアウト:

1ページ目先頭に以下の項目を明記し、□で囲む。

①論題名(メイン・タイトル) 和文14ポイント(明朝体)

英文半角10.5ポイント(Century)

②副題(サブ・タイトル)を付ける場合

   和文12ポイント(明朝体)

英文半角10.0ポイント(Century)

③所属、氏名         和文11ポイント(明朝体)

英文半角10.5ポイント(Century)

1行に入らない場合はポイントを下げて調整する。2行になっても可。

(4)論文本文

①はじめに(緒言、など)、2.・・・、3.・・・、項は、(1)、(2)、(3)・・・で統一します。

② 頁番号を「ページ下中央」につける。

最後に示した【記載例】をご参照ください。

2.提出方法

 印刷(プリント・アウト)した完成原稿を下記宛に郵送してください

〒161-8556 東京都新宿区下落合1-7-7

  東京富士大学  小坂善治郎研究室内

実践経営学会 第54回全国大会実行委員会事務局  宛

 「自由論題論文在中」と赤字で明記ください

提出いただいた原稿を、ページ番号を振り替えるだけで、そのまま印刷いたします。

3.提出期限

2011年7月20日(水) 必着厳守

(すでにHP並びに『会報』で知らせしてある通りとさせていただきます)

※以上に関するお問い合わせは、E-mail  jsam.tokyofuji@gmail.com

Fax 03-3368-2354  但し、できるだけE-mailでお願いいたします)

4.その他

全国大会での報告が認められるためには、学会本部より、次の資格条件を満たしていることが求められています。

①会員であること。非会員との共同報告は認めておりません。

過年度ならびに本年度の年度会費に未納がないこと

学会の運営上、ご理解とご協力をお願いいたします。

本件についてご不明の点がありましたら、実践経営学会本部事務局に

メールにてお問い合わせください。 jsam.headoffice@gmail.com

【記載例】

戦略的人材育成の課題

Problems of Strategic Human Resource Development

 

東京富士大学             小 坂 善 治 郎

TOKYO FUJI  UNIVERSITY             Zenjiro Kosaka

1.はじめに

  サービス産業は・・・・・

2.サービス企業特有の経営問題の構造的フレームワーク

 (1)一般の経営問題とサービス企業特有の経営問題

 (2) ○○○・・・・・

以上

2011/05/09 第54回全国大会は東京富士大学にて開催されます!

「第54回全国大会は東京富士大学にて開催されます!」

 開催を予定しておりました富士大学(岩手県花巻市)から、東日本大震災による物的・精神的・地域的被害の大きさに鑑みて、「当面延期」の要請を受けましたので、急きょ、東京富士大学(東京都新宿区)の小坂善治郎会員(本学会・理事、元・常任理事)にお願いいたしましたところ、急なお願いにもかかわらず、お骨折りいただけるところとなり、また大学当局からも快諾をいただくことができました。なお統一論題につきましては、「震災に関連なしは配慮したテーマとしたい」という要望に基づき、現在、常任理事会において組み立て中です。

会 場:東京富士大学(東京都新宿区下落合1-7-7)

JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線、「高田馬場駅」より徒歩3分

大会実行委員長:小坂 善治郎(東京富士大学教授)

実行委員会事務局長 岡星 竜美(東京富士大学教授)

日 程:9月30日(金) 午後 企業見学等の企業経営研究(交渉中)

 (夕刻より 理事会・常任理事会の開催を予定)

10月1日(土)  午前 自由論題報告

午後 基調講演・シンポジウム・会員総会など

夕刻より、研究情報交換会(参加者懇親会)

10月2日(日) 午前 自由論題報告  14:00頃、終了予定

なお東京富士大学には上記の小坂善治郎教授、岡星竜美教授の他に、青山和正教授、高石光一教授、高橋哲也講師、飯塚康之非常勤講師の各先生方が実践経営学会の会員としておられます。

・ご案内及びプログラムは7月上旬に、大会実行委員会より会員各位にお届けする予定です。