メニュー 閉じる

カテゴリー: 事務局からのお知らせ

「2014年度「年度会費」ご納入のお願い」

2014年6月11日配信

2014.6.11

2014年度「年度会費」ご納入のお願い

  「ご納入のお願いと振込用紙」を、本日(6 月11日)、郵便にて発送させていただきました。なお、過年度分が未納になっていました若干の方がたには、本学会の規約上、大会、及び支部会における研究報告や学会誌への投稿等に制約が生じますので、すみやかなご納入をお願いいたします。
なおこの「お願い」の郵便がお手元に届いていない場合には、本部事務局までご一報くださいますようお願いいたします。
学会の運営は会員の年度会費によって賄われております。ご理解とご協力をお願いいたします。

実践経営学会本部事務局長 吉野忠男 jsam.headoffice@gmail.com

「機関誌『実践経営№51』及び 『実践経営学会報№77』お届けのご案内」

2014.6.4

機関誌『実践経営№51』及び『実践経営学会報№77』
お届けのご案内

実践経営学会会長 井 形 浩 治

  会員の皆さまにおかれましては、気持ちも新たに、順調に新年度に入られ、ますます
ご活躍のことと存じております。
前年度末から引き続いていた業務でありましたが、ようやく機関誌『実践経営№51』を刊行することができましたので、さっそく、会員の皆様にお届けいたします。この間、応募論文のとりまとめや論文の査読、そして印刷所との打ち合わせなどに多大なご尽力をいただきました会員の方々、及び事務局の方々に対しまして、厚く御礼を申しあげます。

機関誌『実践経営』は新時代へ
今号は、これまでに比べれば、収録論文数がかなり少なくなっておりますが、これは“年次の全国大会時に刊行される『実践経営学研究』を査読の付かない論文集として大いに充実させるとともに、機関誌『実践経営』は、本学会の性格を土台とした精選された査読付きの論文集とする”という、ここ10年来の課題の実現に大きく近づいている証のようにも感じられるところです。全国大会及び支部における研究成果の発表をますます活発化し、そこでの議論と論述の修正を経てこの機関誌『実践経営』に投稿していくというプロセス」が、この第51号を切りのよい契機として、いよいよ定着し、『実践経営』が新段階に進んでいくことを念願するものです。

『実践経営学会報』とホームページ
加えまして『実践経営学会報』も新年度の第1号を出すことができましたので、同時にお届けいたします。“過去の記録”と“これからへのお知らせ”という二重の役割を負っていますことから、発刊がやや遅れることがございますが、お伝えする内容は、会報に先行して、学会ホームページにて遅滞なくお知らせしておりますので、時々のチェックをお願い申し上げます。

まもなく年度会費の納入をお願いいたします
会員の皆様方には、間もなく年度会費のご請求を本部より送付させていただきます。また札幌・北海学園大学で開催準備をお願いしております第57回全国大会(8/22~24)のご案内も、間もなくお届けさせていただきます。出費が重なりますが、事務局、ならびに大会実行委員長にかかる負担を、なるべく少なくするように、会員各位には速やかなご納入をお願い申し上げます。

8月、北海学園に集いましょう
それでは、多くの会員が札幌で顔を合わせられますよう、早期のご計画をお願い申し上げます。

 

*今回の郵送物のあて先が、転居その他の理由によって、旧住所になっている会員の方は、至急、本部事務局までお知らせください。jsam.headoffice2@gmail.com