メニュー 閉じる

本年度後半期の支部会開催についての提言

令和2年10月1日

実践経営学会 各支部長・会員 各位
本年度後半期の支部会開催についての提言

実践経営学会 会長 夏目 重美
同   上    常任理事会

新型コロナウイルスの感染状況は、都市部も含めて、やや小康状態にあります。しかしながら、陽性者数の推移は、多くの都道府県において未だ油断できない状況にあります。本学会は、こうした状況を勘案しつつ、新型コロナウイルスの十分な感染予防措置を講じることを前提とし、10月1日から、自粛中の学会活動を再開いたしたく存じます。すでに学会ホームページ上でご案内のとおり、九州支部会・沖縄支部会・Q研コラボ開催、関西支部会開催などの予定が具体化しています。
つきましては、本年度後半期の支部会開催につき、常任理事会として改めまして下記のことを提言させていただきたく存じます。ご賢察、ご配慮いただきますよう、慎んでお願い申し上げます。

1. 2020年10月1日から2021年3月末日(本学会全国大会日時は除く)までの期間中、各支部は1回もしくは2回の範囲で支部会を開催すること。

2. 支部会開催にあたっては、Zoom、Meet等によるリモート開催を原則とし、開催校のIT環境等、やむを得ない事情がある場合、対面方式で行うことも可とすること。
なお、対面方式もしくはハイブリッド方式で開催する場合は、「マスクの着用」、「消毒液の用意」、「3密の回避(ソーシャル・ディスタンスの確保)」等、感染予防策に十分配慮することを条件とする。また、懇親会、情報交換会等、飲食を伴う会合は極力避けていただくこと。

3.  支部会開催は、各支部の地域行政機関の方針の相違や、所属大学・機関の指示方針の相違等、一律性を求めることの困難な実情に鑑み、開催計画・運営の決定は、各支部長の裁量に委ねること。

以 上

Posted in NEWS&TOPICS , 事務局からのお知らせ