JSAM 実践経営学会
ホーム
新着情報
会長挨拶
学会案内
  事業活動  
規約
会費
入会案内
学会費
投稿論文
全国大会
支部研究会活動
出版物
役員名簿
申込書
 

 

本部
〒533-8533 
大阪市東淀川区大隅2-2-8
大阪経済大学経営学部 井形研究室内

連絡先
事務局長:平野 賢哉 (東洋学園大学)
jsam.headoffice@gmail.com

 

住所、勤務先の変更はこちらへ
           ↓↓↓
jsam.headoffice2@gmail.com

2018.06.04

第61回大会実行委員長
神戸山手大学 久富 健治

 

御 挨 拶

  実践経営学会第61回大会は,2018年9月7日(金)~9日(日)の3日間,神戸山手大学(兵庫県神戸市中央区)において,下記の統一論題のもとに開催されます。
 今回の全国大会は、神戸港開港150周年を経て、国際観光都市としてますます賑わいを見せる、神戸という大きな街にある小さな大学で開催させていただきます。神戸発の企業博物館等の見学会も予定しております。全国大会として恥じることなく開催できればと考えておりますので,多くの方々のご参加をお待ちしております。また自由論題におきましても,多数のご報告をお待ちしております。
  おおいにご期待いただければ幸いです。

 

【統一論題】

「経営学の社会的拡散を実践経営の視点から考える   
     ~ツーリズム・メガイベント・ソーシャルイノベーション~」

 

【解 題】

  わが国では現在、歴史、社会、文化等あらゆる人間的営みが可視化され、従来型の観光業を超越するような、多様で新たなツーリズムが生まれています。このような現代のツーリズムを解釈、あるいは実際に企画するうえで、企業中心の経営学では足りないかもしれません。
 また、オリンピックやロックフェスティバルのようなメガイベントが都市や地域を特徴づけるようになっています。都市におけるハレや祝祭を演出するイベントの企画・運営といったものが実践経営の新しい領域になる可能性があります。  関西ではラグビーや生涯スポーツのメガイベントを控え、万国博覧会の誘致も行われています。ツーリズムやイベントを核としたソーシャルイノベーションが生み出されるかもしれません。  
 このような事態を目の当たりにすると、従来多くは企業組織の動態を扱っていた経営学の対象を社会的活動全般に拡散させ、理論の検証と深化を行うことが必要ではないかと思われます。もちろん、このような新しい動向に関しては、本学会でも既に一部で研究の蓄積が見られますが、このあたりで統一論題として取り上げ、現実の課題に即した実践経営の見地から考えてみたいと思います。

 

【プログラムの概要】  *詳細なプログラムはこちら(会報)
9月7日(金) 午後: 見学会

 

夕刻: 理事会
9月8日(土) 午前: 自由論題
  午後: 統一論題シンポジウム(基調講演・質疑)
  夕刻: 研究・情報交換会
9月9日(日 午前: 自由論題
  午後: 総会


【自由論題報告希望者】

  自由論題報告希望者は, 「自由論題報告者の募集についてHTMLページまたはPDFファイルPDF」 からご覧ください。

 

【ホテルのご案内】 

  「実践経営学会第61回全国大会参加」とお伝えください。
現在,神戸のホテル稼働率が高くなっています。お早目のご予約をお勧めします。

☆ホテル ザ・ビー神戸
 
 

(JR・阪急・阪神の各三宮駅から徒歩3分、地下鉄三宮駅西3番出口から徒歩1分)
〒650-0011 神戸市中央区下山手通2-11-5
TEL:078-333-4880
URL:http://kobe.theb-hotels.com/

 

シングル1泊(9/ 7 (金))¥10,500 (税込・朝食付き)
シングル1泊(9/ 8 (土))¥15,000 (税込・朝食付き)


 

 

supported by FLIPFLOP
 Copyright (C) 2004-2018 Japan Society for Applied Management All Rights Reserved.
 
 
JSAM 実践経営学会